プログラミングのスクールを卒業後どうする?

プログラミングのスクールを卒業した後どうするかは、人それぞれです。

一般論を言うなら、できるだけ早く就職したほうがいいです。せっかくスクールでプログラミングを勉強したのですから、IT企業への就職を目指したいところです。勉強したことが全く役に立たないような仕事についたら、なんのためにお金と時間を使ってスクールへ通ったのかということになります。しかし、もしそうなったとしても全く無駄だったということにはならないでしょう。

どんなことでも一生懸命にやっていればなにかしら役に立つものです。プログラミングの知識・経験が役に立つ職業といえば、プログラマーが代表的です。その他にもシステムエンジニアなどが思い浮かびます。これらの職業に就くことができたら一番良いと思われます。未経験からいきなり正社員になることは難しいので、派遣や契約社員も選択肢に入れる必要があるかもしれません。

正社員にこだわってブランクが空くよりは、派遣でもいいので働いたほうがいいです。例えば、正社員にこだわって難しい資格を取得しようとしたとします。資格の取得に1年かかって、その間は無職でした。その後に就職活動をしようとすると、面接で必ずブランクの期間なにをしていたのかを聞かれます。派遣でもいいので仕事をしていたほうが好印象になるはずです。資格を取得してから就職というのではなく、仕事をしながら資格の取得を目指したほうが、トータルで良い方向へ行くと思われます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *