プログラミングスクールの一般的な特徴

一般的に、プログラミングスクールでは未経験でも3ヶ月から6ヶ月程度で、就職や転職ができるくらいのレベルまで達成することができます。

未経験の人が独学で学ぶとなると1年くらいかかることも少なくありませんが、プログラミングスクールに通えば短期間で習得できるということです。時間短縮のために通い始める人も多いのですが、挫折を防ぐという意味でも有効な方法です。独学では問題に突き当たった時に解決策がありませんので、元々解決するための手段が用意されている方法を選択することは正しい判断かもしれません。

無料サービスと有料サービスとがありますが、入学金や授業料、教材費などが全て無料になっている場合には、転職先を斡旋してくれるという特徴を持ちます。逆に言うと、紹介を受けるつもりが無いのなら利用することができません。IT関連企業が直接運営している場合には社員として登用される道があり、自分で探す手間が省ける可能性があります。

新たな職場を斡旋してくれるようなケースでは未経験者が利用できないのではないかと不安に思うかもしれませんが、年齢要件はあっても未経験者可となっています。最近の主流になっている言語はJavaであり、具体的なカリキュラムは、最初の1ヶ月から1ヵ月半程度でITの基礎やタイピング、Webの基礎を学ぶことになり、それ以降はWebプログラミングの実践を学ぶというのが主な流れです。これはスクールごとに違いのある部分でもありますので、利用する前に詳細を確認しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *